葡萄のかねおく

四代目の志

2019年12月17日

OKUNARY初の剪定ワークショップ開催!

OKUNAYでは2017年冬に定植したビジュノワールが冬に装いに

葉が紅葉し、12月入って冷え込んでくるとともに落葉が進みました

落葉すると、その後ぶどうの木は休眠期に入ります

樹内の栄養分を根っこに帰還させ

次の春までお休みです

剪定前のビジュノワール

さて、根っこに養分を帰還させたということは

来年に向けて剪定(枝を切る)することができます

剪定することによって、一年間伸びた枝を

きれいに切ってあげます

剪定後のビジュノワールはこのとおり!

剪定後のビジュノワール

きれいに整っています

両側の水平コルドンという樹形に仕立てていきます

 

これを全く素人のぶどうの木オーナーが作業したのだからすごいですよね!

一年間をかけてぶどう作りのノウハウを余すことなく、実地・Webでお伝えしています

オーナーの皆さんもレベルアップしているように思います

 

ぶどうの木60本ほどがたった2時間で剪定完了しました

来年は徐々にぶどうが収穫できだすのですが、

木の成長だけでなく、オーナー様の生産者としての成長も楽しみです

調子に乗っている園主ww

 

かねおく 4代目

奥野成樹