葡萄のかねおく

四代目の志

2021年03月24日

大阪府の青年農業者会議に出席してきました

大阪府青年農業者会議

3月24日(水)大阪府本庁で、大阪府4Hクラブ連絡協議会総会・大阪府青年農業者会議がありました

私も就農して2年目くらいに一度「意見発表」という、農業経営についての想いを語る場に登壇したことがありますが、

毎年、「プロジェクト発表」「意見発表」と大阪地域で農業を行っている農家の成果発表があります

 

今回も茨木市でいちごを栽培している上平敦之さんの「大阪北部から広がる生産者の輪」

岸和田市で、大阪のブランド人参「彩誉(あやほまれ)」の栽培をしている金沢佳輪さんの「食したいにんじん葉と太陽熱消毒」

という2つのプロジェクト発表がありました。

上平敦之さんの発表「大阪北部から広がる生産者の輪」

上平さんの発表では、

大阪北部のいちご生産者をつなぎ「大阪北いちご」という新たなブランドをつくっていく

という、これからの大きな展望を語るプロジェクトだったのですが

言葉にこめられた、意志の強さやエネルギーを感じました

将来「大阪北いちご」のブランドを見かけたら食べてみたいですね^^

同じフルーツをつくる農家として本当にいい刺激をもらいました

 

意見発表(スライドを投影せず、言葉だけの発表)では、

池田市のお米・黒枝豆農家、井関優佑さんが「農業を通じて人との繋がり感謝の想い」という発表をされました

若手の農業者が皆感じる、精神的な苦しみ、そしてその中で見つけた農業についてのやりがい等について

自分の言葉で語っていて、聴き応えのある発表でした

意見発表_井関優佑さん

私も就農したての頃に、毎日ぶどうの枝を切るだけの日々に絶望しました

何も喋らない植物相手の仕事って、慣れるまでは耐え難いものがあります

農業をはじめると皆通る道なのですが、そんな中で自分なりのやりがいを見つけるまでのストーリーには

きっと多くの農業者が共感したのではないでしょうか?

 

今日は、良い発表が聞けました

ぶどうも繁忙期に入っており、決して決して余裕があるわけではないのですが

こうやって、大阪農業の同士と交流する時間も大事です

充電して明日からも頑張りたいと思います

 

奥野成樹